日仏友好協会
設立の趣意

タイトルイメージ

1858年(安政5年)、徳川幕府(14代将軍 徳川家茂)の老中水野筑後守忠徳と、フランス政府(ナポレオン三世)の特使グロ男爵によって、江戸におい て日仏国交が開始されて、来る2008年に150周年を迎えます。 この間の日・仏関係は概して良好で、とくに幕末から明治初期にかけては、フランスはわ が国初の艦船を竣工させた横須賀造船所の創設を始め、近代式陸軍や空軍を軌道に乗せ、わが国が日清、日露の戦争に勝利を収めるのに大きな貢献をしました。  また製鉄、煉瓦、製糸などの産業の発展とその担い手の若者達の育成に大きな足跡を残しました。 一方、日本は絹織物の原料繭≠フ輸出や、浮世絵、陶器 など芸術、文化の交流を通してフランスの産業や文化に影響を与えてまいりました。 不幸にして太平洋戦争中は、両国関係は一時悪化しましたが、 戦後はい ち早く関係は改善され、今日両国関係は、政治、経済、文化の各面にわたって、かつてない良好な親善関係にあります。

 日・仏両国が交流を始めて150周年を迎えようとしている今日、両国のこれまでの有益にして、かつ緊密であった歴史に深く思いを致すとともに、新時代に 向けて両国の一層の友好と親善を深め、さらなる発展を期し民間ベースでの経済、芸術、文化、スポーツ等の行事の促進を図ることを目的としております。

住所
東京都港区西新橋2-11-5 


ライン
HOME